HOME > 診療科のご案内 > 皮膚科 > ニキビ(尋常性ざ瘡)

ニキビ(尋常性ざ瘡)

ニキビ(尋常性ざ瘡)ニキビ跡

病気ですか?

ニキビは思春期の方のほとんどが、程度の差はあれ一度は経験するもので、にきびをからだの発育課程の一つとしてとらえることもできます。そのため、病気として認識せず、ほおっておけばそのうち治る、などと考えていませんか?しかし実際は、放置すると悪化して長年ニキビやニキビ跡に悩む方もいます。容姿に敏感な世代の顔に多くできるため、想像される以上に精神的ストレスとなっていることが多く、悩んでいる方は少なくありません。

また、ニキビ年齢は何歳まででしょうか?以前なら「ニキビは青春のシンボル」と言われていたように、20歳台前半まででした。ところが、近年は20歳台後半や30歳台になってもニキビが続く「大人ニキビ」で悩まれる方も増えています。

原因は?

ニキビは毛穴がつまることではじまります。
健康な皮膚の表面は、常に皮脂の膜で覆われています。皮脂は毛穴の内側にある皮脂腺から分泌されています。
思春期のニキビは、性ホルモンの働きが活発になり、皮脂の分泌量が増加してできます。皮脂の増加と同時に、毛穴が角化して狭くなるため、皮脂が毛穴から排出されにくくなります。こうして角質や皮脂が毛穴につまることによって、ニキビができるのです。
一方、最近悩まれる方が増えている大人ニキビの原因は複雑で、いくつもの原因が関与しています。

大人ニキビの原因

月経前、ストレス、ホルモンバランスの乱れ、不規則な生活・食生活、睡眠不足、便秘、乾燥肌、間違ったスキンケア・メイク、紫外線、頭髪や触ることによる物理的な刺激など

症状は?

ニキビは進行します。ニキビができる課程は、段階に分けることができます。

第1段階 ニキビの卵と白ニキビや黒ニキビ
ニキビは、目には見えない大きさの毛穴のつまり(微小面ぽうといい、ニキビの卵です。)からはじまり、気づかない間に進行していきます。
やがて、目に見える大きさに成長し、白や黒色をした毛穴のポツンとした盛り上がり(面ぽう)となります。白ニキビ(白色面ぽう)や黒ニキビ(黒色面ぽう)と呼ばれる状態です。
第2段階 赤ニキビ
アクネ菌は、皮脂を好み酸素を嫌うため、発育に好都合な面ぽうの中で増殖します。毛穴のなかで過剰にふえたアクネ菌は、炎症をおこす物質をつくります。
そして、炎症がおこると、ニキビは赤く盛り上がって赤ニキビ(紅色丘疹)となったり、膿がたまって膿ニキビ(膿疱)となります。
さらに、炎症が進行すると、毛穴の壁が壊れ、その周りに膿のふくろができるふくろニキビ(嚢腫)となったり、硬くもりあがってしこりニキビ(硬結)ができたりします。
第3段階 ニキビ跡
強い炎症のあとには、凸凹したニキビ跡(瘢痕)やケロイドを残すことがあります。

治療は?

治療で一番大切なことは、にきび年齢を過ぎたときに「ニキビ跡」を残さないことです。そのためには、ニキビの段階や重症度にあった治療法を選ぶことが大切です。また、日常生活におけるケアが大切であることは言うまでもありません。
治療をするタイミングや治療を行う期間も重要で、赤ニキビが出来たときだけ治療するのではなく、ニキビの卵(微小面ぽう)を意識して、新しいニキビのできない肌質を目指す必要があります。症状の重症度に合わせて治療を選択しますが、ニキビの原因に個人差があるためか、治療の効果が感じられるまでの期間にも個人差があります。

皮膚科における治療

  • アダパレンゲル(ディフェリンゲル) 毛穴のつまりを取り除く効果があります。
  • 抗菌剤の塗り薬 アクネ菌を減少させ、炎症をしずめます。
  • ステロイド局注 しこりニキビ、ふくろニキビ、ケロイドの治療で行うこともあります。
  • 抗菌剤の飲み薬 中等症以上の炎症のあるニキビをきれいに治すために必要です。
  • ビタミン剤などの飲み薬  皮脂の調節やニキビの赤み、色素沈着に内服することがあります。
  • 漢方薬 月経前に悪化する大人のニキビや体にくりかえすニキビに有効なことがあります。

美容皮膚科の治療

トレチノインナノエッグ
トレチノインは米国ではニキビだけでなくしわの治療医薬品として、FDAに認可されており、ニキビの原因である毛穴のつまりを取り除く力は、アダパレンゲル(ディフェリンゲル)より優れていています。真皮のコラーゲンを増やす作用があるため、ニキビ跡を残さないようにする効果、ニキビ跡を改善する効果があります。
トレチノインナノエッグは、聖マリアンナ医科大学の開発した塗り薬で、従来のトレチノインより、あかみやかさつきが出にくい最新型のトレチノインです。 高濃度ビタミンC誘導体美容液(後述)との併用がおすすめです。
ケミカルピーリング
ピーリング製剤の中でも、効果と安全性が高いサリチル酸マクロゴールを使用しています。毛穴のつまりや古い角質を取り除くことで、皮膚の新陳代謝を活発にします。ニキビを防ぐだけではなく、ニキビ跡を目立たなくする効果、キメの細かい肌を作る効果があります。
光(フォトRF)治療
パルスライト(光エネルギー)の作用でニキビの赤みを改善します。ニキビの赤みが気になる方に有効です。
フラクショナルレーザー
肌を新しい肌に入れ替える最新の肌再生治療です。ニキビの予防と治療にとどまらず、ニキビ跡も同時に改善させていく治療です。
高濃度ビタミンC誘導体美容液
ニキビの炎症には活性酸素がかかわっています。高濃度ビタミンC誘導体には活性酸素を除去する抗酸化作用、皮脂分泌を抑える作用があります。ニキビの赤みや黒ずみにも効果があります。聖マリアンナ医科大学で使用されており、高濃度ビタミンC誘導体の外用液にありがちな乾燥を防ぐしっとりした処方になっています。
プラセンタ注射
新陳代謝を促進、自律神経やホルモンのバランスを調整、免疫力を高めるなど、様々な薬理作用があります。ニキビの原因として、ホルモンのバランスの乱れが思い当たる方に。
ピーリングソープ
フルーツ酸の一つであるグリコール酸を含む石鹸を使用すると、ケミカルピーリングに近い効果が得られます。背中など広範囲にニキビのできる方などに適しています。

← 前のページへ戻る

クリニック情報

基本予約制

tel:045-530-5432

午前午後
萩原 9:30~13:00
 or
赤田
鈴木 15:30~18:30
馬場 9:00~12:00鈴木 15:30~18:30
萩原 9:30~13:00萩原 14:30~16:00
赤田 16:30~18:00
萩原 9:30~13:00萩原 14:30~16:00
馬場 16:30~18:30
萩原 9:30~13:00山口 16:15~18:30
赤田 9:00~13:00赤田 14:30~16:00
(第4)
赤田 9:00~13:00大石 14:30~18:00

医師の紹介ページ」ご覧になれます。

休診日

日曜、祝日

<基本予約制>ご予約についてのお願い

患者さんの待ち時間の軽減とスムーズな診療を計り当クリニックは基本的には予約診療を行っております。出来るだけご来院前に予約を入れていただけますようご協力をお願い致します。

アクセス

神奈川県横浜市青葉区新石川 2-4-16
たまプラ南メディカルセンター 4F

google mapへ

中目黒にも通院可

三軒茶屋にも通院可

ひとりひとりの患者さんを大切に、
地域に根ざした治療を目指して

看護師/受付 大募集してます!
(2018年05月現在)

© 2018 たまプラーザ あかりクリニック 皮膚科・美容皮膚科・泌尿器科

このページのトップへ移動